「私ピル飲んでるんだ~」と言うと何だか性にだらしない女性に思われてしまう気がしますね。でも知っていましたか?ピルには避妊だけでなく、女性の身体に優しい効果が多くあります。こちらではピルの知られていない効果を紹介します。

ピルの効果について考える女性

モーニングアフターピルは継続して飲み続ける?

ピルといってもその種類はいくつかあるとされていますが、飲み方によって大きく異なるのが低用量ピルと緊急避妊薬であるモーニングアフターピルです。

低用量ピルの場合、毎日21日間服用を続けることで避妊効果を得ることができます。

1日1錠毎日飲み続けて、生理期間の7日間だけは服用せずに休薬期として過ごし、生理期間が終わった8日目から新しいシートを飲み始めていきます。

種類によっては、すべての錠剤に同じ量だけのホルモン剤が含まれている1相性性のピルや、飲む時期によって錠剤に含まれる配合量が異なる3相性性のピルなどがあり、前者の場合は飲み間違えてもあまり問題がないとされていますが副作用が強く、後者のものは飲み間違えはできない分体への負担が少ないことが特徴です。

一方、モーニングアフターピルは継続して飲み続ける薬ではないとされています。

性行為の際に避妊に失敗したり承諾なく男性に膣内で射精されてしまった時に72時間以内に服用することで妊娠を回避できる薬です。

避妊の失敗に気づいてから1錠、あるいは12時間後にもう一度1錠服用することで、早くて3日、遅くても3週間以内に出血が見られたら妊娠しなかったという証拠になり、高い確率で妊娠が回避できるとされています。

ただ、今回のではなくそれ以前の性行為においてすでに妊娠していた場合には服用しても出血することがないので早めに婦人科を受診するのが良いでしょう。

低用量ピルは、正しく服用すれば避妊効果は非常に高いとされていますが、緊急避妊薬の場合72時間以上経過してから服用することになった場合には妊娠してしまう可能性も高くなるとされています。

このように、同じ避妊薬でも飲み方や効果の出方によって違いますので、いざ自分で必要になった時のためにどんな薬なのかを理解しておくことをおすすめします。